2013年7月19日

Lost Sony Warehouse Tapes

2013年7月19日


ソニーのマスターテープ、3000~4000本がたったの50ドルで売られた話


そのテープ群は、ナッシュビルのコロンビア・スタジオで1940年代後半から70年代初頭に録音された物だった。数多くのアウトテイク、セッションを含む総曲数20,000~40,000。約500アーティスト、3000~4000本のマスターテープ。その中にはロイ・オービソン、フランク・シナトラ、デューク・エリントン、ルイ・アームストロング、そしてエルヴィス・プレスリー、ボブ・ディランなどの曲が含まれていた。

これらのテープは、ブランク・テープ(再利用するためのテープ。つまり、消去して新たに録音するためのテープ)としてそのスタジオのエンジニアが自分で購入したものだった。つまりコロンビアの従業員がスクラップテープとして社内で払い下げらたものを購入していたのだ。

彼は倉庫を借りてテープを保管してたのだが、家賃が払えなくなり、その倉庫の中身…4000本のテープが公売にかけられてしまった。そして倉庫の大家だったコール夫妻がたったの50ドルでそのテープを落札した。

コール夫妻はそのテープの価値が全くわからなかったが、テープを買った2年後の1992年、ニュージャージーのちんけなレコード会社に連絡をとった。そしてやって来たクラーク・エンスリン (Clark Enslin) に合い、そのテープの価値に初めて気がついた。

エンスリンはそのテープに6,000ドルを払うと言った。

エンスリンがテープを手に入れた事はすぐにソニーレコードの知る事となる。ソニーはエンスリンが違法にテープを入手したとして彼を訴た。裁判所はすぐさまエンスリンにテープを隠したり、販売することを禁止する命令を発行した。

翌1993年、裁判所は物理的な所有権はエンスリンにあるが、曲の販売の権利は無いという判決を出した。彼はソニーの許可が無い限りいかなる曲も販売することが出来なくなった。

その後、所有権を巡り裁判は続いた。エンスリンはメジャーレーヴェルからの好条件のリクルートの誘いも蹴って、自分のレコード会社を設立、持ってるレアな資産を5,000万ドル~200,000万ドルで提供するという作戦に出た。

1995年、ソニーはテープの所有権を主張することを諦め、両者は作品の公表の方法について協議を始めた。恐らくエンスリンがテープを貸し出すという形でレンタル料を得るという事なのだろうが、今現在その詳しい内容はわからない。

'LOST WAREHOUSE TAPES' OWNERSHIP ISSUES RESOLVED




当時のCNN ニュース



2008年、LAY LADY LAY のアウトテイク5曲と Going To Chicagoが収められたマスターテープがeBayに出品され話題になった。

Bob Dylan 'Lay Lady Lay' Master Tape Sells on eBay, for a Lot



AN ORIGINAL ANALOG MASTER TAPE RECORDING OF BOB DYLAN

bob dylan original master tape

You are looking at an Original Master Tape used on February 14, 1969 in Nashville, Tenn. to record Bob Dylan's "Nashville Skyline" Album. Please, click on the picture for some fantastic sound bites and more.

This is AMERICAN MUSIC HISTORY! Here's one of the actual 8 track tapes used to record Bob Dylan's famous "Nashville Skyline" album. What makes this so valuable is it primarily contains out takes of "Lay Lady Lay" which until now, have never been heard before. Released as a single in July of 1969, this song became one of Dylan's biggest US Pop Chart hits, peaking at number seven. This single did even better on the UK Singles Charts, reaching the number five spot. For auction on eBay is the tape itself, not the intellectual property.

The tape which is in excellent condition, has been spliced in several spots (common practice). We have played and tested the entire tape and therefore can state the condition as excellent. We have concluded that the version of "Lay Lady Lay" used on "Nashville Skyline" is not present on this tape however, there would be little or nothing that could be done commercially with the already released version. Featuring three "Lay Lady Lay" takes and two truncated versions, Dylan's performance on each were exceptional and distinctive. It is our opinion that any of the takes could have conceivably made it to the album.

Besides the chatter between takes, there is an additional windfall with Bob and the musicians performing the song "Going Back To Chicago" at the end of the reel. Our research concludes that this song ("Going Back To Chicago") was never released by Dylan! Obviously a departure from the album and a chance for everyone recording to just "jam" and relax a little. The group started playing and the engineer decided to roll the tape, catching the song after the start. It also has a one second blank midway thru. Take a listen for yourselves-just click on the picture. We have more information at GeoCities.

As a note, we tried to talk the longtime owner of this tape to see about releasing the material however, he just wanted to sell the tape.

To place a bid on this one-of-a-kind item please go to EBAY.



Data:

Tape Type -- Scotch 3M- 1"-8 track (Can be played back on a 1" or standard 2" - 24 track tape machine)

Length-- 27:05

Date-- February 14, 1969 at Columbia Studio A, Nashville, TN (from our research)

Personnel: (see note at end)

Vocals-- Bob Dylan

Guitar-- Charlie Daniels

Drums-- Kenneth A. Buttrey

Organ/Piano--Bob Wilson

Engineer-- Charlie Bragg

Engineer-- Neil Wilburn

Producer-- Bob Johnston

Notes-The above personnel are listed on the album, however on this tape there was an additional guitarist or bassist. Pete Drake's steel guitar was overdubbed later and not present on these tapes.

ーーーーーー

A Fantastic One of A Kind Item. The tape you are looking at is an Original Master Recording of Bob Dylan done on February 14, 1969 at Columbia Studio A, Nashville, Tenn. The taping session was for Dylan's "Nashville Skyline" album. It is labeled "Bob Dylan # 3. This Original Master contains five never before heard out-takes of "Lay Lady Lay", along with banter between the musicians and Dylan. Also found on this session tape is an impromptu jam session of" Going Back To Chicago" which was also never released by Dylan. Here's your chance to own a piece of American Musical History. For sale here is the tape itself, not the intellectual property. The tape is in excellent condition, has been spliced in several spots (common practice). To hear actual sound bites from this tape and additional information go to Dylan Sound Bites & More. Please turn on ActiveX.

上記は、eBayに出された時の説明文だ、そして↓がそのサンプル音源



8トラックのマスター、トラックごとのキュー(ソロ)を聞かせて説明している。一つの特徴としてヴォーカルにリヴァーブをかけて録音されている事を言ってる。通常、録音時にはかけた状態で録音はしない。後で調整できないからだ。



最終的に $30,000で落札されて、今ここ↓にある…(笑)





テープ群の(物理的)所有権はエンスリンにあるので、そのテープ自体を販売することは事実上可能だ。楽曲として…つまりそのテープからCDなどを制作して勝手に売ることは出来ない。それをするためにはソニーに対して莫大なロイヤリティを支払わなくてはならない。ならば楽曲を販売ではなく無料で配布することは可能だろうか…恐らくそれも無理だろう、著作権自体は切れていないからだ。裁判ではパブリックドメイン化についても扱われたようだが(そうすれば、エンスリンにも楽曲が販売できる)詳しい内容はわからない。

(今回の話とは関係ないが、Nashville Skylineのマスター・テープをソニーは依然紛失したままらしい。今、ソニーが持っているのはバックアップ用のコピーのようだ)


Lost Warehouse Tapesの中にディランのテープは、20~30本あると言われている。Nashville Skyline、Self Portrait、New Morning等のセッションテープのようだ。

Another Self Portrait のPV に映し出されていたボロボロのテープ・ボックス…もしかするとLost Warehouse Tapesの一部かもしれない…




P.S.

さて、もう一つの自画像

PVを見て気づかれた方も多いだろう。Pretty Saroは、Saraの歌。そしてTell Ol' Billが流れるがこれは、This Evening So Soonらしい。

また、Annie's Going to Sing Her Song Tom Paxtonのカヴァー

Annie's Going to Sing Her Song (Tom Paxton)


Railroad Billはトラッド

Railroad Bill (Minnesota Party Tape 1962)


ジョージとの共演はWorking on a Guruのことだろうか

Working on a Guru (Nashville Sessions 1969)


Tattle O'Dayはエリック・アンダーソンのカヴァー。


まぁ、そういうことはExpecting Rainで詳しくやってるだろう(笑)。

Isle of Wight…普通、単独でリリースするやろ、それがボーナス…おまけかよ(笑)。DVDと一緒にとか、そんな発想はディラン頭の中には微塵もないな。何でグリル・マーカスにライナー書かせたのか…

アル・クーパーは、Self PortraitThe Folk Songs of America' or somethingと言ってる…




Nashville Studio A


Nashville Studio B



0 Responses to “Lost Sony Warehouse Tapes”

Profile

自分の写真
ボブのニュース
Bob Dylan and other Music News
@smz

Labels

  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (10)
  • (5)
  • (15)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (7)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
  • (13)
  • (12)
  • (18)
  • (10)
  • (9)
  • (17)
  • (9)
  • (6)
  • (9)
  • (7)
  • (2)
  • (25)
  • (6)
  • (6)
  • (19)
  • (18)
  • (10)
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (18)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (17)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (10)
  • (8)
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (20)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (35)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (20)
  • (21)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
  • (18)
  • (2)
  • (3)
  • (8)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
  • (10)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (2)
  • (9)
  • (23)
  • (9)
  • (9)
  • (12)
  • (4)
  • (5)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
  • (10)
  • (1)
  • (15)
  • (1)